FC2ブログ




北陸におけるFFP特典航空券の使い勝手早見表【国際線編】 

前回の記事の国際線版を作成しました。マイルを貯めやすいのと、使いやすいのとではちょっと差があるようです

◎関連記事
北陸におけるFFP特典航空券の使い勝手早見表【国内線編】
旅行ブログランキング

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

まずは小松空港発着の便から
小松発 運航 JL NH NW UA
上海 MU × × ×
ソウル KE × × ×

共にJLがコードシェアしている便で使い勝手はわかれます
上海線、okなんですが、座席の提供数が非常に少ないです。日系の特典航空券は融通きくんですが、振替日に席が空いてなければ何にもなりませんので○評価。一方ソウル線はJLとのコードシェアですが、JLは不可。NWもソウル線には日系と比べて多くのマイルを使わないといけない(NWのHPより⇒ 大韓航空をご利用の北アジア内および北アジアと南アジア間のフライトは、エコノミークラス50,000マイル、ビジネスクラス70,000マイル、ファーストクラス100,000マイルとなります。=これって小松ソウルでも50,000マイルってことっすか…未確認ですけど)ので、あんまりいい評価は出来ません

次に富山空港発着の便
富山発
運航
JL
NH
NW
UA
上海
FM
×
×
ソウル
OZ
× ×
ウラジオストク XF × × × ×
大連 CZ × × ×

スタアラ系がやはり強いです。NHとUAの大きな違いはストップオーバーの回数と必要マイル数です。ストップオーバー(S/O)はNH1回可に対しUAは不可。単一目的地の発券の場合は燃油サーチャージ負担の観点から一見UA有利ですが、必要マイル数はNHの15,000マイルに対し、UAは20,000マイル。上海・ソウルの発券に関してはNHに利がありそうです。ただ、OZはブラックアウト(特典航空券の予約を受け付けてくれない日)が多すぎです。多少時間かかっても小松=羽田=ソウルの方がよかったり…(笑
大連はスカイチーム所属の南方航空ですので当然NWの独壇場
スポンサーサイト



[ 2007/11/24 14:42 ] マイレージ情報全般 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/255-58e5538a