FC2ブログ




新しいANA提携航空会社特典航空券を使ったルーティング 

久しぶりに、マイルを使ったルーティングネタを一つ
ANAマイレージクラブの制度が本年4月に変更になるのは皆さんご存知かと思いますが今回の制度変更は「改悪」ばかりでないと、社員Yは考えています

ANAは自社路線のみシーズナリティ(搭乗日によって必要マイルが変わる)を設けたわけですが、スタアラ特典(名前が提携航空会社特典航空券に統一されます)については全く手をつけず、の状態。また今まで25,000マイルが下限だった必要マイル数も距離に応じての計算となり14,000マイルから引き換えが可能になります

以前の「スタアラ特典」と今回の改正による「提携航空会社特典航空券」の必要マイル数を比較してみました
(エコノミークラスのみの比較となります)

全旅程の距離(旧)スタアラ特典提携航空会社
特典航空券
0~60025,00014,000
601~1,60025,00017,000
1,601~2,00025,00020,000
2,001~4,00025,00022,000
4,001~7,00040,00038,000
7,001~8,00040,00043,000
8,001~9,00050,00043,000
9,001~10,00050,00055,000
10,001~11,00060,00055,000
11,001~14,00060,00060,000

一目瞭然ですが、比較的利用をしやすい短距離区間(~4,000マイル)までは新制度が圧倒的に有利です
ゴールデンウィークの予定を少し考えています(予約を4月1日からしか入れられないのがイタイ)
ルーティングは…続きます
旅行ブログランキング

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

基本マイルの概算は前にもご紹介しているGreat Circle Mapperで調べるのが便利です

ちょうど、九州に行く予定があって帰らずにそのまま旅に出てみようかと
FUK-PUS-PVG-NRT-KMQまでで2,000マイルかからないようなので(あくまでも計測値上で、ANAの定める基本マイルでないところが微妙なわけですが・・・)、このまま当てはめるなら必要マイル数は20,000、ということになります(下記検索結果参照)

gwpuspvg.jpg

ANA特典航空券では「ハイシーズン」にあたる時期に利用を考えているわけですが、同距離だとハイシーズンで21,000マイル必要なんですね…逆転現象が起こってしまいます

◎関連記事
ANAスターアライアンス特典航空券でアジア各駅停車のタビ
スタアラ特典航空券最大限活用法~25,000マイル編 

旅行ブログランキング
スポンサーサイト



[ 2008/02/10 10:33 ] 特典航空券 裏ワザ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/302-328c0254