FC2ブログ




国内線特典航空券予約の裏ワザ 

燃油サーチャージが高止まりで、特典航空券も「国内にシフト」する方もいらっしゃるかと思います

マイルを効率よく使う=運賃帯が高いピーク期に特典を利用する

のが理想的ですよね。裏ワザ的にはご紹介している海外発日本行き(または日本経由海外行き)の国内線部分のストップオーバーを使う、というのが国内線を1年前に予約出来るという意味合いも含めてオススメ出来るとは思います

◎関連記事
日系2社比較■海外発日本行き・日本経由の特典航空券

ただ、海外に行く分、日程が必要以上に増えますよね。日程カツカツに組めません
と、なれば出発2ヶ月前に国内線特典航空券を狙うしかないわけですよね
でも、コツはあります

予約のコツを
続きます…rankingへ

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

◎国内線特典航空券の予約open日
特典予約は、搭乗日2ヶ月前同一日の9:30より旅行開始日の4日前まで承ります(JAL・ANA共通)

◎帰り便の予約について
1区間目のご搭乗日から15日以内の旅程であれば、2区間目以降は2ヶ月以上前でも予約を承ります(JAL・ANA共通)

重要です、コレ
帰り便の予約を確認することで、乗りたい飛行機に座席の設定があるかないか、空きがあるかないかを確認することが出来ると同時に、帰り便からの予約という裏ワザも可能になります

◎空席チェック
帰り便予約のルールから、2ヶ月+14日までは残席のチェックが可能です
試しに、ANA利用、7月末の那覇→羽田を調べてみましたよ、と
anadms.jpg

こうしてみると日曜日の帰りっていうのは元から午後便「×」なんですよねえ…
空席を確認するには逆便で同じことをしてやれば、わかりますよね

◎高度な応用(帰り便からの予約)
皆さん、予定を組み立てる時に、大事なのは
出発日ですか?帰着日ですか?
こう質問されると、答えにくいですか?

ただ、仕事は連休、お盆やゴールデンウィークの休みの直後からきっちりと始まるもの
本当は帰着日の方が、重要だと思いませんか?

2ヶ月前予約+14日ルールを利用して、帰り便を予約
※希望の帰り便の日がnとすると、n-14が復路予約open日になります

ひとまず発券

発券後、希望の出発日の予約がopenになる日に行きの予約を変更する
確実に行きの座席が確保出来る保証はありませんので、希望時間、希望日は柔軟に対応できるようにしておく必要があります

まあ、実は道義的にどうかというハナシは残ると思うんですよね、この方法
現行ルールであれば、こういう予約のやり方も(一応、ルールの範囲内で)可能です、ということでご紹介させて頂きました

予約は各自の責任でお願いします m(_ _)m
参考になっていれば人気ブログランキングに1クリック投票をお願いします
スポンサーサイト



[ 2008/05/19 15:18 ] 特典航空券 裏ワザ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/368-ee519a11