FC2ブログ




20,000マイル+αで東南アジア【その3】シンガポール行き 

◎シンガポール行き ルーティングと比較
LCC自体はシンガポール拠点が多いです
政府の後押しが強いんでしょうか…

中国の地方都市経由でルーティングします
何故、中国の地方都市を選ぶのか?
理由1)特典航空券の予約が入りやすい(わざわざ特典で行く人間が多くない模様)
理由2)特典航空券のルールが「中国」で括られる為、中国南部に行き先を指定すると東南アジアまでの距離が近くなる


<空席チェック>

日本=広州をマイル利用、広州=シンガポールをタイガーエアウェイズで行くと仮定してみます
空席をタイガーエアウェイズのHPでチェック
cansin08aug.jpg
167CNY…片道2,000円強ってことですか…?!
続きます
rankingへ

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

◎各社異なる燃油サーチャージ基準
「これは安くシンガポールへ繋げるかも」
と思って予約を次の画面に進めると…

cansin08aug02.jpg
Tax & Fee で675cnyって…運賃の3倍近い燃油サーチャージ+税ってどうかと思いませんかね!?

まあ、日本のもいつか是正はされると思いますが…ここまでくるとなあ

cansin08aug03.jpg
この航空会社も預ける荷物にお金がかかります
cansin08aug04.jpg

座席指定も勿論有料…

<特典航空券との比較>
日本=シンガポール直行と日本=広州+LCCの比較表を作ってみました

比較項目

直行

マイル+LCC

必要マイル数

30,000~40,000マイル
キャンペーン等により変動あり

17,000~23,000マイル
キャンペーン等により変動あり
燃油サーチャージ28,000円(~08年6月まで)
40,000円(08年7月~)
16,000円(~08年6月まで)
21,000円(08年7月~)
追加運賃なし約30,000~40,000円(LCC往復)
利用日・便・プロモーションで変動あり
変更JAL及びANA国際線特典航空券の利用であれば変更及び払戻可能JAL及びANA国際線特典航空券の利用であれば変更及び払戻可能だが、LCC区間は発券購入後の変更は一切不可
連帯運送インターネットで予約出来る行程であれば殆どの航空会社間で連帯運送契約有。バゲージの受け取り(スルーで受け取り)や遅延の乗り継ぎアシストが有るのが普通LCCとの連帯運送契約はないため、バゲージは搭乗ごとに引き取り。遅延に関する乗り継ぎ保証もなし
空席確認は画面を見てもらえるとわかりますが8月のお盆で行っています
広州行きも、ANAの特典は8/12,13発-17着は空きがあるんですよね(08年5月現在です)
組み合わせで東南アジアにも…というハナシです

今度一回、自分で乗ってみた感想をレポートしてみます(機会作って)
◎関連記事
20,000マイル+αで東南アジア【その1】LCCとは?
20,000マイル+αで東南アジア【その2】バンコク行き

参考になっていれば1click~rankingへ
スポンサーサイト



[ 2008/05/27 10:25 ] 特典航空券 裏ワザ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/374-b28dd9e0