FC2ブログ




中国添乗記【3日目】 

3日目の行程は鎮江~楊州~無錫

【鎮江】
金山寺
SANY2298.jpg SANY2295.jpg
あんまり説明をきいてなかったので写真だけ
団体入場券を貰って入場なんですが、券が繋がったまま渡されました

本日の初仕事はチケットをもぎることからスタート

といっても、もぎるのは入場してからなんですけどね
SANY2294.jpg(記念用に渡すためにわけてるだけで)

鎮江博物館
レンガ造りの建物…なんか見たことあるなあ、と思ったら
昨日行った英国領事館の裏にこの建物がありました
領事館と博物館は一体感がありますけど、周りからすればちょっと「浮いた」感じ
周囲の写真を撮っていると輪タク搭乗 SANY2304.jpg


輪タクでも逞しく携帯しながら運転ッス

両手を使って漕がない分、明らかにスピード不足で周りからあおられてましたけど(邪魔やろ、というハナシ)

【楊州】
大明寺・鑑真記念館
SANY2309.jpg SANY2310.jpg SANY2315.jpg
SANY2318.jpg SANY2319.jpg SANY2320.jpg
あの有名な鑑真和尚のお寺。心なしかお寺の作りが日本チックです

お昼ご飯は楊州で食べました
有名な楊州炒飯頂きました。んまかったです
SANY2321.jpg

【無錫】
日本人にとっては「無錫旅情」の街、なんでしょうが
最近は外資(日本も多いです)系のIT産業が盛んな模様
お客さんの中には「旅情を感じられないなぁ」という声もあったんですが

人や自転車が秩序もなく右から左から突っ込んでくる街並みが旅情か?

といわれとそれも?なような。そういう意味では少しはマシだったと思います。この街

宿泊は太湖のほとりにある太湖飯店。リゾートホテルらしくゆったりとした作りでした
ホテル全景を見ると離れなんかもありますね。もう少し暖かいシーズンに来るともっとよかったかもしれません

3日目は少し早くホテルに戻ってきたので、KTV(カラオケ・歌舞庁)で一杯やることに
続きの前に「ポチッ」とな~ランキング

◎関連記事
中国添乗記【2日目】
中国添乗記【1日目】

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

ここで中国のカラオケ事情を簡単にご説明します…

部屋に案内されます

お酌をしてくれる女の子が数人ずらっと目の前に並びます

中から一人(チップ制であれば追加を払えば二人以上つけられます)を選びます

飲みます

お金払います

必ず部屋に入ったら料金体系の確認をしておきましょう
旅行で行く場合は以下の順番が適当かと思います

・飲み放題があるかどうか?
 初めてなら飲み放題にする方が無難でしょう
・チップ制かどうか(お酌をする女の子)
 チップの相場は上海で200元程度です

飲み放題が200元でチップ制であれば支払い総額は400元になります
飲み放題がない場合はテーブルチャージ(席料)が100~200元
ビール1本が30元というところが相場です。総額は席料+ビールX本×Y元+チップ
飲み放題にしなければ時間無制限なのでちびちびやりながら粘ること女の子と会話を楽しむことも可能です

さて、ホテルのKTVの女の子がいざ入ってくると

化粧もなく私服でバイトに来たのかい?というような感じ

それで300元とのたまうのでホテルは諦め、タクシーを呼んで無錫中心部に繰り出すことに
太湖飯店から30元ほどかかりました。田舎すぎです

なんで長くも滞在しねぇのに季節外れのリゾートホテルに泊まんねん

といったところで、添乗で来てるのにホテルの立地に文句をいえる身分でもなく、わざわざ呼んだタクシー(しかも15分待ち)に揺られてお店に移動

お店自体は事前にググって調査済
入った店が「水無月」あらため「嬢王蜂」でした。決め手はビールの飲み放題があること(ウィスキー飲み放題の設定がある店は多いが、ビールは少ない気がします…)

結局、サイコロでゲームをやり出してウイスキーにも手を出すことに。この店はかなり良心的で、ビールでも途中でウィスキーに切り替えても同じ料金内で飲み放題(200元チップ不要の時間無制限)でした。お勧め出来るレベルですね
スポンサーサイト



[ 2007/03/23 20:13 ] 添乗記 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/53-2fdab531