FC2ブログ




航空券の併用によるPSFC等の払い戻しについて 

片道の航空券に次の航空券を繋いで旅行をするっていうケースは
(勿論パック旅行ではないんでしょうけど)
少なからずあろうかと思います

最近は空港使用料を航空券の発券と同時に徴収するケースが多いです
=施設を通常に使用するものとして満額請求されるってことですわね

最近、そういうケースがあったので、発券元に問い合わせてみました
HKG-ICNの片道と、ICN-NRTを繋ぎ合わせて使いました
この両券片の乗り継ぎ時間は65分

通常の仁川空港の利用に際し、旅客サービス料 28,000ウォンです
24時間以内の乗り継ぎ客は以前は無料だったんですが、現在10,000ウォンかかります
で、繋ぎ合わせたら、この差額部分(18,000ウォン)が返ってくるのか?という話で

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

★対応している空港や発券元の航空会社だったら戻ってくる可能性大
結論からいいますと、航空会社も代行して請求をしているケースが多いですから
乗り継ぎをちゃんと証明するものさえ揃ってれば戻ってくる可能性は高いみたいです

今回はANA~特典航空券の発券利用
ANAのデスクに問い合わせてみましたら

搭乗券の発券を送ってもらえればクレジットカードからマイナスして返金

してくれるとのこと
1,500円くらいなんですけどね。勿体ないんで送っておきます


それ以外にも空港のオフィスで対応してくれるところがたくさんあるようです
ただ、旅行中にこれをやるとなると手間隙に時間がかかってしまって勿体ないですね
後日なんとか出来るものなら、そっちのがいいかもしれませんね
スポンサーサイト



[ 2010/06/11 16:43 ] 旅行マメ知識 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/685-225044c7