FC2ブログ




TONAとSKYPEの海外の使い方 

えーと、ブログを毎日更新出来れば、twitterにも反映されますから
毎日何とかブログは書かないとダメですわね…

さて、書きかけの(で、且つあんまりイケてない)旅行記もあるわけなんですけども
前に書きました海外での電話サービスについてまとめておこうかと思います

ドコモが来年から携帯電話のSIMロックを解除出来るように(ここにルビ打ちたいですけどw)するようです

今までよりも現地で購入するSIMカード、というものの重要性や必要性が出てくるというものです

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

★着信はSKYPEIN 発信はTONAが理想だが…
使ってみた感想として、TONAのサービスは電話番号通知のシステムを利用しており、海外への着信転送はIP経由だと電話番号が定まらないので、自分の携帯電話にかかってきた番号を転送することが出来ず

着信はSKYPEINから着信転送で現地のSIMをさした携帯電話へ
発信は現地のSIMをさした携帯電話からTONA番号へ


というのが安上がりですね


TONAの欠点は
・現地のSIMを購入した後、インターネットで電話番号を登録する必要がある(すぐに使えない)
・TONA番号が電話番号1件につき1つずつ割り振られていくシステムで電話帳の管理が困難
・TONA通話が出来る地域がかなり限られている(少ない)


インスタントに使うことを目的としていないからなんでしょうけど、ちょいと使い勝手が悪い感じです…
登録はいつも電話をかける相手に出来るだけ絞って、電話機自体に各国の番号を入れていくしかない、ですね
IP経由の国際電話ながら、通話料は現地の市内通話料金ですみますから
毎日どうしても電話かけなあかん人とか、そういう人にはやっぱり便利だと思います
スポンサーサイト



[ 2010/07/08 18:57 ] 旅行マメ知識 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/689-40cf26b1