FC2ブログ




携帯→国際転送サービスの真打かも~Smashcall 

海外での携帯電話の着信(国際ローミング)が高いのは皆さん、ご存知かと思います
不用意に持ち出してキャリアにン万円のお布施をされてる方も多いかと

今回ご紹介するのはSmashcallという電話の転送サービス
使ってみて、かなりと感じましたので簡単に仕組みを書きます

まず、必要なのはSIMフリーの携帯と、滞在先のSIMカード
SIMフリーの携帯については最大手のDocomoさんがロック解除に応じてくれるので
(2011年夏以降の機種から)Docomoをお使いの場合は解除のみで簡単に手に入ります
あとは現地調達するなり、オークションで仕入れるなり、最近は通話だけの安モデルなら比較的簡単に手に入ります

準備が整ったら次に進みましょう

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

■指定した電話番号に転送してくれるサービス
概要としては、現地の番号を伝えると、その番号に自動転送してくれる割当番号
(03から始まります)を作成してくれるサービスです
転送のイメージとしては
日本の携帯で受信>>>(携帯側転送設定)03~の割当られた転送番号>>>(サービス側転送)現地携帯
ここまでの着信に必要な料金は
日本の携帯から転送設定先への料金…DocomoのタイプMバリューなら30秒14.7円
割当番号から転送先への料金・・・滞在先が台湾なら6秒あたり2.54円
詳しくはこちらに料金表

普通にDocomoを持っていって国際ローミング着信をした場合・・・60秒あたり145円

ちょっとした電話で済んだ場合(仮に30秒としましょう)
転送登録なら約28円。Docomoのローミングだと145円。1回の着信で5倍差・・・差が歴然としすぎw
Docomo以外のキャリアだと、無料通信分に国際ローミング分は含まれなかったと思うので
(頭の中が昔の情報のままなもんで、違ってたらごめんなさい)
それを考慮に入れると更にお得感が出ますね

■転送番号は毎回割当
ちょいと面倒なのが、転送電話番号の割当申請
現在、申請は電話かメールのみで、勝手に割り当ててくれないので
Smashcallの営業時間中に申請をする必要があります
現地のSIMが手元にない場合、現地で買ってからSKYPE等で申請をすることになるわけですが
営業時間にハマらないと、全く意味がなくなる場合も

■指定した携帯番号からの転送が必須(!?)
登録時に電話番号を登録するんですが、登録した番号からの転送でないと
転送がうまくいかない仕組みみたいです
従って、03からはじまる番号にそのままかけても不通
転送を使わない場合(割当番号にダイレクトにかける場合)はTONAのサービスの方がいいですね


短期滞在の転送に関しては、基本料金がかからないので
ライトユーザーには非常に便利なシステムかと思います
尚、詳細については
スマッシュコール
http://www.smashcall.com/

をご参照下さい
スポンサーサイト



[ 2012/02/16 12:12 ] 旅行マメ知識 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/723-f6151858