FC2ブログ




見積もり合わせ 

今日、とある役所の視察の見積もりを出しに行きました
見積もりに参加したのはうちを含め数社

旅行の見積もりは見積もりの条件自体が殆ど各社一緒になってしまうので、はっきり書いてしまうと「いくら儲けたいか」を数字にして出す=見積もりを出すという作業になってしまいます

結果は他社がン万円の差で持って行きました…

「けっ」

と、いいたいところですが、あまり悔しいとも思わないのも事実です。身を削ってまで仕事をとるという行為は、後々を考えれば業界全体のためになりません。喉から手が出るほど仕事は欲しいのは事実ですが…(笑

あ、別に談合がいいとかいっているわけではないので誤解のないようにお願いしますね
続きの前に…ランキング

ランキング参加中↓記事が参考になっていればご協力お願いします
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 banner_01.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

旅行という商品は商品となるソフトごとに相応の対価があります。中国産のうなぎと国産のうなぎの値段に差があるように、対価に対して判断をするのはお客様の方です

トマトが○○円というスーパーの1円単位の攻防と違い、旅行は単価が大きいので業界自体を支えられている部分があるわけです。ただ、見積もりごとに「スーパーの特売商品」のようなことを続けていれば、それだけ儲けが少なくなりますし、何より手間対効果を重んずる社員Yのポリシーに合わなくなります(笑

ま、こんなこと書きながら我慢をし続ける体力があるかないかが問題になるわけですが

今日はダメなことだけでなく、よいこともあったので自分の中では既に相殺されてます(笑
久しぶりに確認したら100位ほどランクを下げてました<orz…ランキング
スポンサーサイト



[ 2007/04/18 12:24 ] その他業務 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toursystem.blog89.fc2.com/tb.php/83-a221ba90